とびっきり美味しい新米ができました

タナカ農産グループが自信をもってお届けいたします!!

令和3年産
新米
販売開始!

ハナエチゼン

福井県では学校給食でも出されるポピュラーなお米です。
コシヒカリの孫にあたる品種です。
味はクセがなく、誰にでも好まれることが特長です。
カレー、炊き込みご飯などにも喜ばれています!!

コシヒカリ

福井県で誕生した品種です。
全国で栽培されており、全品種の1/3を占める人気米です。ふっくらと粘り気があり、美味しいお米です。冷めてもモチモチしているのでおにぎりや弁当にも喜ばれています!!

今年も大雪が降り、栄養豊富な雪解け水でたわわに実りました!

自然に感謝!ふっくらもちもちをお楽しみください!

徹底追及した″美味しさ維持″
3つの特長

①農薬・化学肥料50%以上カット

農薬と化学肥料を50%以上カットして栽培した安全・安心なお米です。

①堆肥を入れての土づくり ②明確な栽培履歴 ③化学合成農薬と化学肥料を栽培地基準の半分以下

※写真は、真夏に2回にわけての追肥作業の写真です。

②3連座式 大型縦型精米機

美味しさを最大限に守ってお米を磨く

専用精米機で三段階に分けて精米することで、ヌカの臭いを染みこませません。また段階的に精米することで、一回にかかる摩擦熱をカット。風味を損なわず、お米本来の風味をそのままに仕上げています

③お米を″冬眠″させて保管!低温倉庫

倉庫内の温度13℃以下、湿度を70~75%に保った低温倉庫にすべてのお米を入れ、冬眠状態にして保管しています。

熊やキツネなども、15℃以下では冬眠し、草木も芽を出さない環境下で保管することで、1年を通して美味しいお米をお届けできます。

″福井″だから美味しい!

『養分たっぷりの雪解け水』

米作りを行っている地域は北陸の福井県でも有名な自然溢れる地域。

冬には一面の美しい銀世界に変わります。

周辺にはたくさんの山々が存在し、冬の時期に多くの積雪があり、その山々も真っ白に染まります。

美しい米づくりには欠かせない「清らかな水」はその雪解け水が全ての始まりなのです。

『奇跡の環境』

一般的な水田では水はけが悪いため、水が滞留し続けることで、稲の根に根腐れが生じる等、稲穂に十分な栄養を与えることができません。

土壌は「沖積土壌」と呼ばれ耕作土の下は砂や砂利層で形成されています。砂利層はとても水はけが良く、美しい水は絶えず地中に垂直に排水されます。

常時新鮮な水が流れ込むことで、丈夫な根が土中深く入り、更に養分たっぷりの雪解け水が運ばれてくるので米づくりにとって最高の環境だと言えます。

『特有の風』

「あらし」と呼ばれる「川風」が吹きます。新潟の魚沼市などの米の名産地と呼ばれるところにしか吹かない「あらし」。

この川風は水田の地表、稲穂の間を通り抜け、米づくり真っ最中の暑い季節に日中と夜間で大きな寒暖差を生じさせます。

その大きな寒暖差が、土中の豊富な養分を根から稲の実(米)に移行するのに最も大きく作用します。だから美味しい米になるのです。

 
 

お客様から”嬉しい”お声を頂いております

冷めても美味しい

生産者から直接届く

息子夫婦に送ると喜ばれる

甘みとネバリがあって美味しい

炊くときに水で軽く洗うだけで十分

毎月米作りの様子が伺える

生産者代表

田中 源美

ー『日本の米と豊かな自然を守り、未来へ残すこと!』ー

タナカ農産グループは福井県の東郷地区の地域をあげて【安心・安全・美味しいお米】を目指した農家の連携によるものです。

無農薬・無化学肥料栽培を実現するためには、隣接の田んぼから農薬等の飛来を防ぐため、地域全体での取り組みが必要になります。

手間暇かけた分、安全で美味しいお米を皆様に提供し続けている自負がここにあります。

今後も消費者の皆様と共に歩んでまいります。どうか応援よろしくお願いします。

ハナエチゼン発売開始!

コシヒカリ発売開始!

今年のできは最高です

とびっきり美味しいお米ができました

寒暖差のある福井のお米は美味!!

タナカ農産グループ

冬水田んぼに白鳥が毎年飛来

独自開発の乗用除草機

共同での田の草取り

稲刈り

稲刈り中。白サギも飛来します。